ホームページ

谷内直樹のギター日記へようこそ。

クラシカル・ギタリスト谷内直樹の日々の出来事や思い・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピアソラ・タンゴナイト・スペシャル

2010年2月1日(月)19:30
ピアソラ・タンゴナイト・スペシャル「ブエノスアイレス綺譚」
去年の8月から、通常のクラシックのコンサートとは違った形で、ライブハウスを中心に演奏してきたピアソラ・プログラムに藤沢周の小説「ブエノスアイレスの午前零時」の朗読とコラボレーションするコンサートです。
場所:金沢芸術村ミュージック工房PIT4
お問い合わせ:音楽工房「蛍庵」076-253-1696
ピアソラ

スポンサーサイト

PageTop

CD完成記念コンサート

 2月に録音した語りとチェロ、ギターのCD完成記念のコンサートが、7月13日(月)19:00から金沢21世紀美術館シアター21であります。普通の音楽だけのコンサートと違って、いろいろ凝った演出もあるようです~。

宗像和作曲「蜘蛛の糸」「智恵子抄」「セロ弾きのゴーシュ」
語り:本田和、チェロ:林口眞也。ギター:谷内直樹
お問い合わせ:きく・はなすの会 090-2373-5458

IMAGE0022_convert_20090612164457_20090612170252.jpgIMAGE0021_convert_20090612164605_20090612170251.jpg

PageTop

ヒナステラ ギターソナタの思い出

 ここ2週間の間に4回ヒナステラのソナタを演奏する機会がありました。演奏されることも多い有名なギターソナタ、今から30年くらいまえにアルゼンチンの作曲家アルベルト・ヒナステラによって作曲されたものです。
 パリに留学した当初、ギタリストの鎌田慶昭さん(日本を代表するギタリスト、現在は活動休止中)にいろいろお世話になったのですが、まだ住むところが決まっていなかった時、数週間泊めてもらっていたことがあります。その時に、いつも鎌田さんが、練習していた曲でした。その後、鎌田さんは、ヒナステラの曲を弾いてベ二カシムのタレガ国際ギターコンクール、東京国際ギターコンクール優勝したのでした。パリ留学中に鎌田さんとは、多いときで週に4回くらい一緒に飲みに行ったりしていました。なので、この曲を弾いているとパリのことをいろいろ思い出します。シャトレのビストロ、よくコンサートを聴きにいったサル・プレイエル、オペラ座などなど、昔がナツカシイ~

PageTop

グルダ:チェロとブラスオーケストラのための協奏曲

 昨日、石川県立音楽堂、交流ホールにてオーケストラ・アンサンブル金沢の楽団員プロデュースのコンサート・シリーズの「もっとカンタービレ」の後半のプログラムにギターパートで参加しました。曲は、グルダ作曲のチェロとブラスオーケストラのための協奏曲(指揮:井上道義、チェロ:ルドヴィーコ・カンタ)でした。作曲者のフリードリッヒ・グルダ(1930~2000)は、ウィーンの3羽烏といわれていたウィーンの名ピアニストです。ぼく自身も大好きなピアニストで、ベートーヴェン全集やモーツァルトのなどグルダのCDは、たくさん持っていますが、このグルダのチェロ協奏曲を聞くのも弾くのも、ギターのパートがあるというのも全く知りませんでした。曲は序曲、牧歌、カデンツァ、メヌエット、マーチからなっていて、ロック風であったりジャズ風であったり、レントラーになったりフラメンコ風に弾くところやマーチになったりと一見ハチャメチャな曲。とにかく、すごく楽しい曲だったので、機会があれば聞いてみるといいですよ~(CDも数枚発売されているみたいです)。絶対、お薦め!
IMAGE0014_convert_20090305134219.jpg

PageTop

中村記念美術館

金沢市は史跡の多いところで、そこで、よくコンサートも行われています。
3月1日(日)14:00から中村記念美術館で、ギター演奏します。ここには、江戸時代に建てられた茶室も移築されてあるようです。コンサートと同時に茶室の解説もするという金沢市のイベントです。
今回は、古い文化施設での演奏というので、19世紀ギターとバロックギターを弾こうと思っています。

プログラムは、
  セレナーデ(シューベルト)
  庭の千草、ライ麦畑で(ジュリアーニ)
  吟遊詩人の調べより4曲(メルツ)
  グラン・ソロ(ソル~アグアド)など。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。